オフィスをレンタルするサービスと私書箱の利用

起業する際に初期費用のコストをいかに抑えるかが頭を悩ませるところです。オフィスを借りるとなると賃料だけではなく、保証金や敷金など多額のコストがかかります。

なるべく初期費用を抑えてビジネスを始めたいという方が利用するサービスとして有用なのが、レンタルオフィスサービス、バーチャルオフィスサービス、私設私書箱の利用です。レンタルオフィスとはビルオーナーと直接に賃貸契約を結ぶのではなく、業者を通じて場所を借りることが出来るサービスです。その際、ビジネスに必要なデスクや電話なども貸し出してくれるなど便利でありながらコストも安くすみます。レンタルオフィスが発展した形としてバーチャルオフィスがあります。

オフィスを賃貸契約するというところは一緒なのですが、入居をしないのがバーチャルオフィスです。そこに実際の会社があるように演出が出来ますが、実際に入居はしません。パソコンさえあればどこでも仕事が出来るIT起業者などに重宝されているサービスです。サービス内容には電話代行や私設私書箱を利用できるというものがあります。私設私書箱とは郵便物や郵送物を代行して受け取ってもらえるサービスです。郵便局がおこなっている私書箱サービスがありますが、郵便物が一定の数以上あることなどが条件の為、大きな企業以外には利用できないことがほとんどです。私設私書箱は誰でも利用することが出来るので、大変便利です。

届いた郵便物はわざわざ契約しているオフィスに取りに行かなくても転送してもらえます。